(同期会と)春の旅 No.3 花見山公園へ
高級な東京ステーションホテルに宿泊したにも関わらず、夜遅くに帰ってきて、朝早くに出立したので、館内ツアーガイドもあったのに、、、そんなこともせず、全くの素泊まりでホテルを後にしたのでした。
周りの人たちからは、「なんという勿体ないこと!!」と残念がられました。
本当にそうですね〜〜〜。
こんな機会は、もう二度と訪れないと思います。。。(涙・涙・涙)

スーツケースを持った私たちは東北新幹線の入り口に向かいました。
東京ステーションホテルは出立にはとっても便利ですね、ロビーを出れば、もうそこは東京駅なんですもの!

乗り込む前に、朝食用にサンドイッチとコーヒーを調達。


やまびこ127号は東京発8:08、福島着9:39。
話していると、あっという間に到着!!
景色を眺めている余裕もなく・・・。
イヤイヤ、沿線の桜は愛でたと思いたい(爆)


福島駅には初めて下り立ちました。




駅のコインロッカーに荷物を預け、身軽になった私たちは、駅前からタクシーに乗り込みました。
そこで、、、私が【ひとつ100円】の一時荷物預かり所を発見しちゃったのです!!
私たちは700円のコインロッカーに預けたんですよ〜〜〜
2人分入れたので、ひとつ350円だったんですけど、、、。
こういう時って、非常に残念な気がするのは、ひょっとして私だけ????

駅構内には、リアルタイムで「花見山公園」の様子が映し出されていました。
期待は大いに膨らんで!!

「花見山公園」、、、私には2度目の訪問となります。
が、以前はバスツアーだったので、30分という短い時間の余裕しかありませんでした。
が、今回はゆっくりと60分以上かけて山頂(といっても、小さな小さな小山です)まで登ることが出来ました。。。

前々日までの雨模様とは打って変わって、空は真っ青! 抜けるような青空が広がっていました。
やはり花々は青空の下で、さらに映え、さらに美しい★


タクシーを下りると、もうそこは桃源郷の入り口♪

観光バスで来たときは遠くの駐車場で下ろされたので、花見山公園に着くまでに、民家の庭庭に咲く花や農道に咲く花々を愛でたり写真を撮ったり、また農家の方々が出しているお店を冷やかしたりした記憶があるのですが、今回はあまりにも近くでタクシーを下りたので、そんなこともなく・・・。
そんな楽しみも、以前にはあったのですね♪


早い到着だったので、観光バスはまだ。
それほどの人出はなく、写真をゆっくり撮っても邪魔にはならず、構図を決めたり、「これはなんの花だっけ?」って話しながら山道を歩くことが出来ました・・・。
もう、私たち歳ですっ!!
花の名前を何度聞いても、直ぐに記憶の彼方へ・・・(爆)


真っ黄色の連翹と淡いピンク色の桜と白にほんのりピンクの混ざった雪柳の対比、これに花桃や日向水木が加わってなんとも美しく、【桃源郷】という名に相応しい♪♪♪


















向こうの山にも、桜や白木蓮。
案内ボランティアの方にお聞きすると、山から眺める景色を考えながら、新しく花木を植えていらっしゃるとのことでした。
自分の山を、地域の皆さんに初めて開放された植木屋さんはもう亡くなられたとのこと。
現在は3代目と4代目が頑張っていらっしゃるのだそうです。。。
無料で開放されている植木屋さんには、頭が下がりますね〜〜











山頂付近の桜は、まだ開花には時間がかかりそうでした。
「天の川」という名の桜を是非とも見てみたかったですね〜〜

桜のトンネルを通り抜けて、山から下りてきました。





桃源郷を堪能した私たちは、帰りのタクシー運転手に教えてもらった「福島餃子」を頂くことにしました。
福島駅のお店の前にはすごい人だかりが出来ていました。
それにもめげず、名前を書いて待つこと20分?



4人で二皿。
焼くと言うより揚げた? という感じの餃子だったけれど、とっても美味しく頂いたのは言うまでもありません。。。





さあ〜〜、次の訪問地、銀山温泉へLet's go!!






| 旅行記 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)
同期会と春の旅 No.2
「とらや」での2次会を済ませた私たち旅仲間は、ホテルフロントに預けていたバッグを部屋に入れるべく、フロントに向かいました。
私たち、、、今回の旅は張り込んで、1日目を東京ステーションホテルで宿泊することにしたのです。
JR株主でもあるかおるさんのお陰で10%offになったものの、やはりお高く、素泊まりでも23000円でした。
次の日の出立が早かったので、朝食をホテルで頂く時間的余裕がなく、コンビニでサンドイッチを購入して車中へ。
もし、ホテルで頂くとなると、4000円なんですって!!


部屋はツイン。
寝室は普通? 浴室と洗面所の間はガラスで仕切られているだけで、丸見え!
お手洗いのドアは磨りガラスではあるものの、中から洗面所が少しだけ見えました〜〜〜








バッグをおいて、みんなが待つ居酒屋「かなえ」に向かいました。
東京にはサラリーマンが多いからでしょうか、居酒屋が無数にあるみたい。
その中で「かなえ」が選ばれたのは、以前、利用したことのある友人がいたからのようでした。
しかし、、、それが何処かは分かりません。
でも、、、今はとっても便利!!
GPS機能を利用して、なんとか辿り着くことが出来ました!

桜通りというだけあって、夜桜見物が出来そうな風情。
「かなえ」はビルの地下にありました。
5時過ぎから入った世話人たちのお陰で、大きなテーブルを確保できたとのこと。
退社時刻になると、広い広い店内は満席状態!!
良かったです!!

私が居酒屋に入ったのは、多分5回目くらいだろうと思います。
アルコールが飲めない私は、夫に連れて行ってもらったことがほとんどないんですから・・・。

もちろん、私はウーロン茶!
お酒のつまみを友人たちがどんどん頼んでくれて、ここも美味しくってリーズナブルな料金設定で、非常に満足しました。


ひとしきり楽しんだ後、数名は帰宅。
私はオリーヴさんとホテルに戻って、お風呂に・・・。

たった1人のバスタイムとはいえ、ガラス張りはどうも落ち着きません。
しかも、バスタブは外人用にメッチャ大きくて長い。
リフォームした我が家のバスタブも結構大きいけれど、滑り止め手すりがバスタブ内と少しだけ上についているので安心。
しかし、ホテルのバスタブの滑り止め手すりは私の体には高すぎて、そこに捕まろうとすると体が浮いてしまうんです。
なんだかおっかなびっくりで落ち着かず、そそくさとあがってしまいました。
天井から落ちてくるシャワーも浴びず、お洒落なバスタイムを味わうことも出来ず、なんだかな〜〜でした。
所詮、高級な生活は似合わない、ってことです(爆・爆・涙)

| 旅行記 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
同期会と春の旅 No.1
中高時代の同期会が東京であり、またまた幹事役を仰せつかりました。
もちろん写真班としてです。。。

今回は初めてかもしれない「春の同期会」となり、遠くからでも出席しやすいようにと、東京ステーションホテルでの開催となりました。
会場は、地下にある「カントニーズ “燕” ケンタカセ」。
会場がとても暗かったので、写真を撮るのに難儀しました。

同期会の後、いつもの旅行仲間と旅に出る予定だったので、私の持っている重くて大きな【デジイチ】ではなく、夫の軽くて小さな【コンデジ】を借りて臨みました。
が、操作に慣れていないので、余計に大変でした。
帰宅してから、夫に加工をお願いして、なんとか・・・。

最近では、写真をプリントアウトせずに、ブログにUP(私のブログではありません!!)したものを見て頂くことにしています。
手元に置きたい方は、ご自分でプリントアウトをお願いして。


やはり東京ステーションホテルは便利なせいか、騎の喫茶室も地下のレストランも満席(みたいだった?)。
すごいですねぇ〜〜。


出席者は18名。
遠方からの出席者、久しぶりの出席者などもいらっして、各テーブルで話が弾んだように思います。

お料理は広東料理であっさり系。
お野菜中心のヘルシー料理が続き、胃にもたれることもなく!












この焼いたエビの殻を一緒に炒めたチャーハンは、香ばしさと歯ごたえが大変美味しかったですね〜〜



不満は、、、冷たいウーロン茶の高かったこと!!
生ビール1000円は分かりますが、グラスにちょっぴりだけ入ったのが950円だなんて、信じられません!!
温かいウーロン茶はおかわり自由だったとか!?
しっかり確かめるべきでした。。。


会場を出たところで、記念撮影。
その後、2階の「とらや」へ向かいました。

この「とらや」では予約は出来るのですが、条件が一つあり・・・。
一人1080円以上のものを頂くことなんですよ!!
会費の中から支払えることが分かっていたので、出席者にはそれ以上のお値段のものを注文して頂きました。
ほとんどの方が「梅あんみつ」1440円を頼まれました。
私も頼んだ一人ですが、写真を撮る前に頂いてしまったので、ブロガー失格、写真班失格!!
しかも、、、相当経ってから気がついたような訳で<(_ _)><(_ _)>


遠くまで帰られる方がいらっしゃったので、4時頃には散会しました。


| グルメ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)
白鷹酒造にて東京竹葉亭の懐石料理を頂く
夙川沿いの桜を愛でるついでに? 白鷹酒造で懐石料理を頂くことにしました。
東京の竹葉亭がレストランを出しているとか・・・。
母も私も鰻がそんなに好きではないので、鰻が供されない懐石料理を選びました・・・。

阪急今津線が西宮北口駅で分断されてから、初めて出向く今津駅。
ここで阪神電車に乗り換えて、西宮駅下車。
タクシー(ワンメーター)で向かいました。




斜向かい側にアンリシャルパンティエの本社。。。


竹葉亭は白鷹禄水苑の中にあって、落ち着いた佇まいの心和む雰囲気がありました。
お昼時とあって、満席状態でした。



先日、ホテル・ベイシェラトン【木の花】で頂いたような、春満開の素晴らしいお料理の数々に、母は大層ご満悦♪
夫と胸をなで下ろしたことでした。。。

春らしいあしらいでしょ♪
【木の花】でも感激したのでしたが・・・。
ここでも本当の桜の花があしらわれていました♪



こんな風に鯛のあら煮が出るとは・・・。



烏賊と鰹のたたき。器も素敵。



若竹煮は私の大好きな一品♪



新じゃがと今が旬の桜海老のかき揚げ。
桜海老は駿河湾で獲れたものでしょうか?
小皿にのったお塩は、桜塩。



筍ご飯に香の物と赤出汁。



血圧降下剤を飲んでいるせいで、長期間頂いたことのないグレープフルーツの寒天寄せ。
久しぶりで本当に美味しかった。



タクシーを呼んでもらって阪急夙川駅へ・・・。




| グルメ | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0)
夙川沿いの桜満喫!! 
実家へ帰省した折、母を連れて夙川沿いの桜を愛でに行ってきました。
中高生時代には阪急電車の車窓から「見事な桜だなぁ〜」って感心して見ていたのに、、、大学時代にも車窓から愛でていたのに、、、夙川駅に下りたって、満開の桜を目前で愛でたのは、実に初めてなのです!!

中高時代の友人たちには俄に信じられないような、、、本当に【びっくりポン】なのです!!

白鷹酒造で東京竹葉亭の懐石料理を頂いた後、タクシーで夙川へ向かいました。
私には初めての道でした。。。
タクシーの前にJR『さくら夙川駅』が見えて、これにもビックリ!
以前にはなかった駅なんですよ〜〜。
夙川沿いの桜を鑑賞する客のために新たに造ったらしいのですが、阪急夙川駅と区別する必要があって、上記の名前に・・・なったとか。
素敵な駅名ですけど(*^_^*)


私たちは阪急夙川駅でタクシーを下車、苦楽園口駅までの約2キロの川沿いの道を散策。
阪急夙川駅から南側にも桜並木が続いています。
計1800本の桜ですって!!

お陰様で、、、雨は降ったり止んだり。
ほとんどは止んでいまして、降っても、ほんの小雨でした。。。

夙川駅付近で、、、。


平日ということもあり、桜の下での宴会はなかったですねぇ〜〜〜
外国の方もチラホラ。
セミ(セミセミ)プロの夫は写真撮影に余念がありません。
髪に桜の花を挿し、眉毛の上にも桜の花を飾った、ちょっと面白そうな女性をモデルに(彼女の写真がグラビアでも飾るのでしょうか? 女性カメラマンが付いて写真撮影してました。。。)幾枚か・・・(爆)

2キロって、結構な距離ですよね〜〜
足腰が達者な母でも、しばらくぶりだったから疲れたみたい。
私はもちろん!!ですっ!!
元気元気で、疲れを知らないのは夫ばかり・・・・(爆)
私たち母娘は椅子に座ったりして休みながら、夫を待ちました。


だいぶん苦楽園口に近づいてきました。。。
川沿いに建っているおうちは良いですね〜〜。
だって、、、窓を開ければ、直ぐそこに見事な桜が咲いているんですから・・・♪


苦楽園口駅傍の橋の上から〜〜
こうしてみると、ホントに素敵!!
桜よりは梅の方が数段好きな私だけれど、こうしてみると桜も良いものです〜〜〜(笑)



夙川公園にある桜の自然交配によって生まれた「夙川舞桜」は、山桜のDNAが濃いようで、山桜特有の少し茶がかった葉っぱも顔を覗かせ、花びらは少し大振り、先はほんのりピンク色で、大変可憐でした。。。







| 花と緑 | 14:31 | comments(2) | trackbacks(0)
☆☆ 鶯の師弟? ☆☆
遠くの方で鶯が競い合って鳴いているな、って思っていたら、、、なんということ!!
我が家の庭にやってきたのです★

木瓜、椿、花海棠、木犀、梅の木を行ったり来たり・・・。
窓ガラスのこちら側でも音を立てないように、そ〜〜っと見守りました。
上手な鳴き手(先生?)が「ホ〜〜〜ホケキョ♪」と上手に、何処までも届くほどのハリのある声で鳴いてみせると、
まだまだ上手にはなれない鳴き手が「ホ〜〜〜ホケ♪」「ホ〜〜ホッケッキョ♪」と弱々しく練習。

それを何度も何度も繰り返しています。
しかし、、、先生は諦めません!!
約5、6分強のことでしたが、全然上手には鳴けませんでした。。。

そのうち他所へ飛んで行ってしまいましたが、鶯の声が全く聞こえなくなったので、それは遠くへ遠くへだったのでしょう。。。
また、練習に来てくれたら嬉しい★
そして、先生のように上手に鳴いてくれたら、もっと嬉しい★★













たった今、また師弟がやってきて、鳴き方練習を始めました★
15分後??
まだまだ・・・。
だって、、、声がうわずっているもの(爆)

| 花と緑 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
エステ 5月の予定です♪
やっと気持ちの良い季節になったように思います。
しかし、時ならぬ大雪が降り、痛ましい事故も起きてしまいましたが、皆さまのお宅では如何でしょうか?

当サロンでは、ハイサイドコーポレーションの「アンプルール」と「Wove スタイル」製品、ニュースキン製品、Nショップ製品を主に使用しておりますが、エステのお客様に限らず、製品だけでも愛用して下さっている方が多いですね。
「良い製品を紹介して下さってありがとう。」って喜んで、足りなくなっては注文をして下さる方が多いのです。
もちろん、施術者本人の私も愛用しておりまして、本当によい製品に巡り会ったと感謝しております。。。

ネットでの販売は一切しておりませんので、お試しになりたい方は、サイドバーのeメールアドレスからご連絡下さいますようお願いいたします。


さて、5月のエステの予定です。
毎月の実家への帰省はこれからも続きますが、いろいろな行事がようやく一段落しましたので、最近の施術月より施術日を増やすことが出来ました。
ご都合の良い日がございましたら、ご連絡下さいませ。
お待ち申し上げます。。。

| エステ | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0)
横浜ベイシェラトン・【木の花】でのお食事
アイメイトチャリティーコンサートに出かける前には、いつも一緒にランチ♪
今回は横浜ベイシェラトンホテル8F【木の花】で頂くことにしました。

レストランは11:30から。
コンサートは13:30開演。
なるべく早く供してもらわないとコンサートには間に合いません。
事情を話したところ、13:00までに退出できるように計らって下さいました。
お料理がとっても美味しかったので、もっとゆっくりと味わいたかったのですが、今回は仕方がありません。。。

約2時間かかるところを、1時間15分ほどで供して下さいましたので、
ゆっくりと退出、時間の余裕を持ってコンサート会場に入ることが出来ました。


『さくら会席 彩膳』を頂きました。。。
季節感満載の、器と繊細な盛りつけ、味付けに、3人とも感嘆の声を上げたのでした。

割と早くに予約した筈だったのですが、お庭の見えるお席はもう満席。
着物姿のおばさまたち(多分私たちより年配だったと見えたけど・・・)が大勢!
春休みで日曜日ということもあり家族連も多かったですね〜。



桜満開の器に盛られた「帆立と海老黄味酢和え」
赤く見えるのは苺と桜の花の塩漬


「海老真蒸」



「豆腐の田楽(桜味噌、木の芽味噌)」に新玉葱の入った水雲を添えて・・・。



「じゃが芋饅頭」


「花見膳」
鯛と烏賊のお造り、だし巻き卵、染め卸し、稚鮎紫蘇揚げ(たらの芽)、浅利と百合根の梅肉和え(蕗、うるい、つくし)、蛍烏賊鍬焼き
本当の桜の小さな枝が添えられていました。。。

筍ご飯と赤出汁



「甘味とお抹茶」桜アイスも珍しい♪


ねぇ〜、春満開でしょう!!




| グルメ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
第16回 『みなとみらいアイメイトチャリティ−コンサート』
みなとみらいホールで行われる『アイメイトチャリティーコンサート』、今年で16回目。
わたし、このコンサートに出かけるようになってから何年経つでしょう?

拡大写本ボランティア仲間のHさんの紹介で出かけています。
有名な演奏家たちの素晴らしい演奏を、格安の料金で聴く、なんという贅沢♪♪





今回は国内外の一線で活躍中の二期会所属・男性歌手4名による「IL DEVU」のコンサートでした。

昨年、初めて聞いたときは、「イル・ディーヴ」だと思って、すごい・すごいって、大興奮したんだけれど、なんだ!! 「デブ」→「DEVU」だったので、すこしばかりガッカリ。。。(爆)

テノール:望月哲也、大槻孝志、 バリトン:青山 貴、バスバリトン:山下浩司、ピアノ:河原忠之
全員太め。。。


しかし、、、気を取り直して、Hさん、Yさんと行って参りました。
国内外の一線で活躍中の二期会所属だけあって、ホント聴き応えがありました。
が、それぞれにオペラで活躍されているせいか、曲によって、一人の音が突出している感じがしたのはチト残念。。。
ほとんどが日本の歌曲でした〜〜〜。


来年はクラシックとタンゴのクロスオーバーコンサートとのこと。
三浦一馬のバンドネオン、石田泰尚のヴァイオリン、山田武彦のピアノ
三浦一馬のバンドネオンは昨年、オーチャードホールで聴きましたが、その演奏に酔いしれました!
石田泰尚は昨年のアイメイトチャリティーコンサートで聴いた石田組のリーダー。
このコンサートも楽しみです♪



| 映画・音楽・美術鑑賞・その他 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0)
指導者養成講座 やっと修了
やっと、、、本当にやっと、、、シャドーボックスの指導者養成講座を卒業することが出来ました(^_^)/~!(^^)!
本来ならば、1年半前には卒業しなければならなかったのですが、諸般の事情で、今春の作品展に出品することにより卒業と相成ったのであります。。。


『おめでとう! おめでとう!』・・・自分で言っております(爆)





力を注いだつもりでしたけど、力及ばず、、、『佳作賞』を頂きました。
もう少し上の賞が取れたのではないか? と、みなさん残念がって下さったのが嬉しい♪

早速、自宅の玄関に飾りましたが、じっくりと眺めてみると、やはり足りないところが見えてきますね・・・。
手前の花壇をもっともっと充実させなければならなかったとか、石畳もイマイチだね〜とか(爆)

「今からでも充実させなさい!」って先生に言われるんだけれど、どうだかなぁ〜〜〜 なのです。。。。


今回の作品展出品作は、私以外はすべて同じもの。
可愛い十二支の羽子板ですが、それぞれ趣向を凝らしているので、パッと目には同じものだとは分かりません。
皆さんに好評でした♪




照明が多かったので、すべての作品のアクリルガラスに写りこみ、とても残念でした!!

| 手芸全般 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
1/313PAGES | >> |