高台寺のお庭と重文建物見学
お茶会が終わったところで、私たち25名は外へでて、ライトアップされたお庭を見学することになりました。
過去2回、紅葉の時期に訪れていますが、どちらも説明ありませんでした。
あまりにも人出が多かったせいだろうと思っています。

今回はライトアップされたお庭や重文建物の説明があるので、とても期待できました。

しかし、、、高台寺の境内図と自分が今居る場所が直ぐには繋がらず、正確に説明できません(-_-;)(-_-;)(-_-;)
間違っていたら、ごめんなさい。。。
悲しいことですけど・・・。


まず、案内されたのは、遺芳庵、お茶室です。

暗くてあまりよく見えませんでしたが、吉野窓が印象的でした。。。


庭園です。

この庭園は、小堀遠州作によるとのこと、国の史跡・名勝に指定されていて、桃山時代を代表する庭園として知られているそうです。


方丈前庭の綺麗に履かれた砂砂利が印象的!
本来は寺院を訪れた朝廷の勅使をお迎えする為の場所。
普段はフラットで、シンプルな姿だそうですが、春と秋のライトアップ時期には現代アートの展示会場になるのですって!
今回のテーマはなんだったか?
説明をよく聞いていなかった!



次に向かったのは、開山堂。
高台寺第一世の住持を祀る塔所。
撮影禁止で、説明だけ。。。
当時のままで改装も塗り替えもしていないので、随分色ははげ落ちてしまっていました。
礼堂中央部の天井は北政所の御所車の天井を、折小組格天井には秀吉が使った船の天井が使われているそうだけれど、何が描いてあったのか判別できないほど剥げていました。
残念ですねぇ〜〜
修復すればよいのに、と思ったことでした。。。


秀吉と北の政所をお祀りしている霊屋(おたまや)へは、臥龍廊(がりょうろう)が続いていますが、古いゆえ壊れて怪我するといけないという理由で、私たちは臥龍池をぐるっと回って、石段を上って行きました。
ここも撮影禁止!


小高い丘の上には二つのお茶室があります。
傘亭と時雨亭です。
ライトアップされているとはいえ、竹藪の中を通って上る石段は急だし、しかも暗くておぼつかない・・・。
母と私は上ることを断念して、中門辺りで待ちました。

正面に見える門は中門です。


臥龍池に映る周りの緑が美しい。
ライトアップされたこの景色、とても幻想的でしょう♪
紅葉の時季ともなれば、もっともっと幻想的なんですのよ。。。
11年前の私のカメラと腕では、うまく撮れなかったですけれど・・・。

※11年前の記事の訂正:偃月池ではなく、臥龍池が正しいと思います。。。


これで、見学は終了しました。

約1時間ほどかかったでしょうか?
この後は、場所を移して高台寺御用達の【高台寺 羽柴】で点心を頂くことに。。。



自分たちだけで見学するのと、こうして説明を受けながら見学するのとは全然違いますね〜〜
歴史もその「いわれ」も分かって、高台寺に対する理解が深まったように思います。

と言いながら・・・、悲しいことに、しばらくしたら忘れてしまうのでしょう(涙・涙)
そんな時に役に立つのが、このブログ!!
確認して、幾度も助けられましたわ。。。。






| 旅行記 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0)
高台寺での観月茶会
イノダ珈琲店をあとに、二年坂の方へは行かずに八坂の塔を目指しました。
旧竹内栖鳳宅をぐるっと回る形で緩やかに坂を下りてくれば、そこはもう「ねねの道」。
振り返ると、旧竹内栖鳳邸宅への門が見えます。


11年前の秋
中高時代の同期会が、この竹内栖鳳宅を改装したイタリアンレストラン「The Sodoh」であり、その後、ライトアップされた紅葉を見に、友人たちと高台寺を訪れたことがあります。。。
人出がすごくて、どこもアリの行列状態で見学。
なんの説明もなく、ただただ「美しいねぇ〜♪」「幻想的ねぇ〜♪」ってため息をつきながら、傘亭・時雨亭まで上って下りてきたのでした。

竹内栖鳳宅のお庭も素晴らしく、一見の価値はあると思います♪




観月茶会の予約は5時半。
同期会の時は、車で高台寺へ向かったので、台所坂を上って高台寺へ向かうのは初めて!
結構な長さの坂は、腰の痛い私には辛かった。。。
足腰の丈夫な母は、それほどでもなかったみたいですけれど(笑い)




やっと上まであがって、受付へ・・・。
そこまでの小径には打ち水がしてあって、とても風情がありました。




正式なお茶会の前に、予約した人数(25名)が揃うまで、待合にて待たされました。
お茶席の掛け物や香合、水差し、茶器、茶杓などを記した書き物、懐紙と黒文字、食事券と喫茶券をしっかり持って・・・。
私たち3名の後、6〜7名が待合へ。
その間、約15分?

着物姿の女性が6名、外国の方が1名、グループ参加が数組、1人参加が数名、そして私たち3名。
男性は、ナ・ナント夫1名だけでした!

全員揃ったところで、やっと湖月庵のお茶席へ。。。
私たち母娘と夫は椅子席にしてもらいました。
正座した方が良かったんだけれど・・・。


お庭への鬼瓦席には、お月見のお花とお月見団子。


お月見・・・は本当は池に映った月を愛でることなんですって!
実際に空を見上げて月を眺めることではないそうです。。。


お正客(お茶のたしなみのある着物姿の方でした。いつの間に決まったのか?)から順番に座っていきました。
最後の方はお若い方でしたねぇ〜。
まず、上用饅頭が大きなお皿に盛られて出てきました。
お茶席でするように、「お先に」「どうぞ」とご挨拶してから懐紙に取り分けます。
夫も見様見真似♪
大学時代、茶道部に在籍していた私ですが、スッカリ忘れてしまって、アタフタ!!

私たちの目の前で点てられたお茶はお正客の前に。
私たちには、水屋で点てられたお抹茶が次々に運ばれてきました。。。

その間、お茶会を取り仕切る???流派の方がいろいろと説明されました。




次はお干菓子。←ウサギのお干菓子でした。

二服目のお茶を頂いた後、お茶席の掛け物や香合、水差し、茶器、茶杓などの説明があって、傍まで行って、しっかり眺めてまいりました。。。
香炉型の水差しのナント繊細で美しいことでしょう!
棗の蓋の面には鈴虫、裏にはウサギの螺鈿細工。
茶杓には虫穴が空いていて、虫穴の下には鈴虫が、やはり螺鈿で・・・。







西洋のものも素敵で大好きだけれど、こうした和のものも細工が細やかで素晴らしく、大好きです♪
こんな時、日本人に生まれてきて良かったなぁ〜ってしみじみと思うのです。




| 旅行記 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
清水寺の青龍会
先週の木曜日、夫と二人で宝塚に帰省。
いつも3日間だけで、もっといてあげればよいのに・・・と言われるのだけれど、自由勝手・気ままに独りで過ごしている母が、だんだんと機嫌が悪くなってくるのが見て取れて・・・!
短い日にち過ごすのが、私たち母娘には良いみたいです。。。


で、次の金曜日、滋賀県堅田にある比叡山延暦寺大霊園に眠る父の墓参を済ませてから、京都に向かいました。

夫が京都案内を調べていたら、京都のお寺では観月会をやっていることが判ったのです。
もっとも、、、今年の満月は10月4日で、その日が本当の観月会だそうです。

が、、、高台寺さんだけは、9月中の金・土・日曜日にも観月会をしていると言います。
料金は1人6000円。
もちろん、申し込みました〜〜〜。

お茶会とライトアップされたお庭見学(説明付き)、京料理・羽柴での点心、石塀小路で喫茶。。。
盛りだくさんでしょう♪

河床料理にするつもりだったのですが、こちらにして正解でした!!

母は(私たちもだけど)初めて経験することばかりで、大喜びでした。


その前に・・・

高台寺での観月会に先駆けてタクシーで清水寺へ。
これも調べていたら、清水寺で【青龍会 せいりゅうえ】をしていることが判ったそうで。。。
歴史は浅く(2000年〜)て、タクシーの運転手に聞いてもよく知りませんでした〜〜
Uターン出来ないという理由で、タクシーは茶わん坂ではなくて五条坂へ。

タクシーは清水坂に曲がるところで私たちを下ろし、Uターンして帰って行きました。
清水坂も門前も、多数の修学旅行生、多数の外国人で、まぁ、ナント人の多いこと!!
ごった返していました。







着物や浴衣を着た外国人女性が多くてビックリ!
着物姿のカップルも家族連れも多かったですけど・・・。
この光景、最近では京都に限らず高山などでも見られますね。

その辺にいる日本人らしき人に聞いても【青龍会】のことは知らないようでした。
もう少し、宣伝すればよいのにね〜〜


母と一緒だと、夫はゆったりした行程を立ててくれるので嬉しい♪
茶わん坂へ下りるところにある茶店「六花亭」でひと休み。
母と夫はわらび餅、私は抹茶ミルク(かき氷)を頂いて、ホッとひと息。。。

以前、清水さんへ夫ときたときは、茶わん坂を歩いて上りましたのに、今回は、年老いた母も居たけれど、わたし腰が痛くて・・・。



法螺貝の音が聞こえてきました♪

今までなら三重塔の前から下りてくる筈が、工事中のために仁王門から青龍会の面々が下りてくるらしい。
さすが、茶屋の亭主が知っていました。。。


夫は走って行きます。
母と私はゆっくりと仁王門へ。
結構な人だかりが出来ていたけれど、2列目から眺めることが出来ました。
法螺貝を吹き、行道の先布令を行う「転法衆」、「転共侍者」、法会の儀式一切を統括し指揮を執る「会奉行」、人々の幸運を祈る「夜叉神」、「四天王、教典・大般若経を守護する「十六善神」、青龍を捧げ、境内と門前を練る「龍衆」の面々が階段を厳かに下りてきました。
最後は観音様の化身である【青龍】。。。









監修:西村公朝     青龍・装束デザイン奉納:ワダエミ
行道日:毎年5日間 14:00〜   3月14日、15日、4月3日、9月14日、15日


青龍会の面々はゆっくりと清水坂を練り下り、また寺の方へ戻っていきました。


西利で京都限定のお漬け物をお土産にして、私たちも清水坂を下りていきました。
七味家本舗のところを右に曲がって産寧坂(三年坂)の方へ・・・。

イノダ珈琲店(清水店)を発見!!
ここで、またひと休み♪

珈琲はあまり好きではないけれど、折角のイノダだもの、、、入ることにして、「アラビアの真珠」を頂いてきました。
「アラビアの真珠」は売店でも豆が売っているほど、イノダでは普通の珈琲のようですが、やはり、、、私の口には苦くて合わないらしく、時間をかけて頂いてきました(>_<)(>_<)(>_<)

店内は天井がとても高くて、梁はすこぶる太く広々としています。
しかも店内は混んでいなくて、実に気分が晴れ晴れとしました
庭でお茶を飲むことも出来るようです。
向かい側に ようじやが見えましたが、相変わらず人の出入りが多くて繁盛しているようでしたね。





| 旅行記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0)
アンチエイジング ジャパン in ビッグサイト
毎年秋に開催される「アンチ エイジングジャパン」に行ってまいりました。
場所は東京ビッグサイト。
5月に行われる「ビューティワールド」とは違って、毎年人出は少ないですね。

今年もやはり少なくて、YCATから出るバスの乗客は、たったの7名でした。
バギーを預けた客が2名 、幼稚園児との母子、男性が2名、そして私の7名。
赤ちゃんもいれると9名?


終点のビッグサイトまで乗っていたのは、私だけでした。。。


今回の会場は西1・4ホール。



1階から4階に上る長い長いエスカレーターから、1階入口付近のブースを写しました。



気になるイベントは2つ。
: 大阪大学教授の森下竜一氏と北里大学名誉教授の塩谷信幸氏による 『アンチエイジング最前線』講演。
: 日本フィットネス協会理事の岡橋優子氏のリンパマッサージ。

全体に人出が少ないので、お陰様で2つとも聴講できました。
リンパマッサージは自分で実際に行ったので、これからもしようと思っていますし、お客様にも是非にと・・・。

教授の話はちょっと難しかった(笑い)
お二人とも、つい先日NHKの番組に出演されたようです。。。
NHKで見なくとも、お顔だけはご存じの方がいらっしゃるのでは?


5月に購入、自分の肌で確かめた【幹細胞】の入ったクリームを今度は3個。
ホースプラセンタ(粒)を3瓶。
両方ともお客様に❣


森下教授



塩谷教授












| エステ | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0)
カルトナージユに似せて(笑)
先日、甥から出産内祝が届きました。
永平寺御用達の奥井海生堂・昆布類の詰め合わせでした。
奥井海生堂の利尻昆布は、風味豊かで美味しいお出汁が摂れるので 昔から使っていたから、とても嬉しかったです。。。
夫はどうでしょうねぇ?

内祝は越前和紙の素敵な紙で包装されていました。
捨てるなんてトンでもない!!


友人に差し上げる品があったので、その和紙で包んで渡したところ、包み方も素敵だってとても喜んでくれました。
包み方は、昔取った杵柄🎵
学生の頃、阪急百貨店の寝具売り場でバイトをしていたとき、イヤと言うほど包装させられたからです。


まだ、少し残っていました。
これまた、頂き物のお菓子の入れ物が使えそうだったので、残りの越前和紙でカルトナージユ風に、上蓋を包んでみました。
下蓋が赤いので、ちょうど良かった。。。


本来の私だったら、直ぐに資源ゴミに出すところですが、今回ばかりはこんなに風にしてみました。
ただ、薄い箱なので、何に使えるかは未定ですぅ(爆)







| お気に入り | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0)
共感!! 「赤ちゃん 泣いていいよ!」のステッカー
今日の朝日新聞夕刊のトップ記事!

ーーーーー赤ちゃん 泣いていいよ!   見守る気持ち マークで伝えるーーーーー


電車内やレストランなどで赤ちゃんに泣かれると保護者は肩身が狭い。
周囲の人が「気にしなくていいよ」というメッセージを伝えるためのマークが各地で生まれているという。。。

そんなメッセージを記したステッカーをスマホやPCに貼って使うのだとか・・・。

私はとても良いことだと思いました。


赤ちゃんは『泣いてなんぼ!!』
あまりおとなしい赤ちゃんだと反対に心配になってしまう。


自分の子育て時代に、電車に乗ったり、食事に出かけた(もっとも、小さな子連れでは、レストランなどに行ったことはありませんでしたが・・・)とき、子どもが泣きはしないかと本当に心配したものです。
周囲の皆さんが知らんぷりしてくださると有り難かったけれど、やはり申し訳なさで一杯に!!

娘たちも赤ちゃんを連れての外出時には、とても気にしていたように思います。。。


しかし、、、2、3歳のお子さんが泣きわめいたり、暴れ回ったりするのとは訳が違う、、、と思います!!
どうして、お母さんは注意しないの? って腹立たしく思うことがあります。。。
スマホの画面や友人同士の話に夢中で、子どもたちが周りの人たちに迷惑かけているのに知らん顔!
これは頂けません!!


このステッカーは、あくまでも赤ちゃんに対してのものだと思います。。。


子どもを持っていようがいまいが、自分だって赤ちゃんの時があった訳で、お母さんたちは肩身が狭い思いをしてきた筈。
イヤ〜〜〜、昔は、今と比べておおらかだったかもしれませんけど・・・。



| 日記風 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0)
エステ  10月の予定です♪
秋めいてきましたね。
今年の夏は変でした。。。
横浜市では、8月に入ってから長雨が続き、夏のギラギラする太陽が苦手な私でさえ、太陽を恋しく思ったくらいです。
やっと太陽が顔を出したと思ったら、途端に暑くなり、また灼熱の日々が・・・。

こんなに気候が不順ですもの、お野菜類は軒並み高くなったのは仕方がありませんね。
今年のお米の出来はどうでしょう?
以前あったような、お米不足にならなければよいが・・・と心配しております。
あの時には、タイ米なども頂きました。。。


さて、遅くなりましたが、10月のエステ予定表をUP致します。
夫との旅行日程を決めるのに手間取ったので、こんなに遅くなりました。
申し訳ありません。

都合の良い日がございましたら、ご連絡下さいませ。
お待ち申し上げます。。。






9月の施術日にはまだ空きがございますので、こちらの方もよろしかったら是非どうぞ♪

  18日(月) 14:00〜
  27日(水) 15:30〜
  28日(日) 13:30〜16:30 いつでも




  
| エステ | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0)
HPの必要性
先日、拙ブログのメールアドレス宛に、拡大教科書を作って欲しい旨のメールがあり、神奈川県視覚障害援助赤十字奉仕団・拡大写本部会ボランティアが相談にのった結果、順調に事が運びまして、来年度から無償拡大教科書が文部科学省より支給されることになりました。
今年度後期からの無償教科書は無理なので、プライベートサービスで受けることになりました。
教科は国語と算数。
来年度からは、正式に5教科書くことになったようです。。。

学校の先生も初めて拡大教科書を扱われる(というより、そもそも拡大教科書があること自体ご存じなかったみたい!)そうで、部会にいろいろとご相談があったようです。


使っている教科書の文字が小さくて勉強に身が入らない、それ以上に嫌いになってしまう、こんな悩みを持っている児童生徒やそのご父兄、拡大教科書の存在すらご存じのない先生方、、、等々、たくさんいらっしゃるように思うのです。
こんなことを考えていると、個人のブログなんかではなくて、『神奈川県拡大写本連絡協議会』の公のHPがあれば、どんなに良いだろうか。。。との思いは募り。


パソコンに強いメンバーに相談したところ、HP作成には初期費用がかかること、責任者は維持管理に膨大な時間を割かねばならないこと、等々・・・であまり乗り気ではありません。

しかし、今・今・今はネット時代です!!
声を大にして話してみたところで、聴衆はごくわずかだし、残念ながらあまり覚えちゃいません!
県拡連の委員会で話してみたところで20数名足らず、です。。。

やはり、HPは必要だと思うんですけれどねぇ・・・



追記:
年1回、国立特別支援教育総合研究所(久里浜)で、特殊教育に当たっている先生方を集めて、拡大教科書のことを話す機会が以前からありますが、ご存じない先生方がかなりらっしゃるようです。。。
特殊教育に携わっていらっしゃるのに・・・、ガッカリです。
神奈川県ライトセンターで行われる福祉一日教室(夏休み中に3回)に来られる先生方の中でも、初めて教科書をご覧になった人が結構いらっしゃるので、ガッカリすると言うか、、、だから、一生懸命に伝えるというか、、、。

こんな環境にいながら、今回メールを下さったお母様の熱意には、本当に頭が下がります。
私たちボランティアは相談にのる、サポートするだけで、実際に動いていただくのはご両親!
ボランティアが表立って動くことは出来ません、
圧力団体になるからだそうです。。。




| 拡大写本ボランティア | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0)
ポーセリンアート展へ行って参りました♪
8月28日月曜日、かねてより約束していた『ポーセリンアート展』へ行って参りました。
場所は品川駅徒歩数分のところにある TKPビル1F。

その前に、展示会へ行く同期生が13人になったので、ミニ同期会みたいなり、それでは・・・ということで
同じビルの4Fにある東天紅でお食事。
その後、アート展へ。。。

旅仲間3名は、春の旅行先でviviさんから頂いたポーセリンアートのペンダントをしていきました。
勿論のこと、友人たちから羨ましがられましたわよ〜〜〜♪



やはり撮影禁止でしたから、会場内の写真はありません。

会場は大変な賑わいでした。
個性豊かな表現の作品の数々☆
しばし浮き世を忘れて、素晴らしいポーセリンアートの世界に浸ってきました。
一心不乱に制作していらっしゃるであろう姿を想像しながら、目の保養をさせていただきました。
保養だけではなく、シャドーの作品に生かせたら良いんですけど・・・


では、、、旅行先でviviさんから頂いたペンダントトップ、会場内で購入したチョーカー、今回viviさんからお礼として頂いたペンダントトップを御紹介致しましょう☆

蝶々のペンダントトップにつけているゴールドのネックレスは娘のお下がり。
アクセサリに詳しい友人によると、この太さでこのしなやかさは日本製ではなく イタリア or フランス製らしい・・・?
イヤリングは派手めなゴールド関連のものを・・・。

ガラスのチョーカーは珍しい手法なんだとか・・・。
お揃いのイヤリングは勿論ないから、昔々使っていたガラスのものを♪
ブルー系とグリーン系で少し合わないような気もするけれど、光の加減で同じように見えるらしい。

ブルーのペンダントトップには、素敵な羽根が!
13名とも、それぞれに違った大きさ、色、模様☆
喧嘩しないように? 納得がいくようにと「あみだくじ」(爆)
全員が満足満足。。。





話し足りない私たちは、同ビルの1Fでお茶をした後、場所を変えて(と言っても夕方ともなるとサラリーマンたちが繰り出して、予約一杯。空いている席を探すのに一苦労。8時までなら。。。との条件付き!)夕飯まで頂いてきたのでした。

私が夕飯まで外食してくるなんて、今までならあり得なかったこと!
やっと、、、世間並みの奥様になったということかもしれません。。。(笑い)




| お気に入り | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0)
夏休みのある日。。。
お婿さんの実家に帰っていた娘親子が、続いてに我が家に泊まりにやってきました。
夏休みに娘親子が泊まったことは、初めてです。
3泊4日♪


娘が外出している間、私たち祖父母と孫2人はズーラシアへ。。。。
お天気がイマイチだったけれど、涼しかったので、私には大変好都合でした。
直ぐに蚊に刺される私なのに、なぜか1カ所も刺されずに帰宅できたので、これも良かった♪


私はズーラシアが開園した当時に3度ばかり行っただけ。
その頃の園内を思い出し、当然だけれど、樹木がとっても大きくなっているのには驚きました。
親子連れや私たちのように祖父母+親子連れ、カップルで大層賑わっていました。
園内にある売店も相当混み合っていましたね〜〜
長い行列に並んだ孫にお金と品物(お父さんとお母さんへのお土産:2人で選びました♪)を持たせて、私は列の外へ。
眺めていると、2人ちょっと緊張気味。

自分の番がきて、品物を包んでもらっておつりをもらって、ホッとしたのか笑顔になりました。
意気揚々と引き揚げてきて、私におつりを渡したら、2人は元のまんまのちょっと我が儘な2人になっちゃいました。









写真コンテストによく応募されるトンネルの中。
夏ゆえ、ミストが上から降りてきて、一瞬幻想的雰囲気に。。。


アイスクリームを食べたり、少し休んだり、記念にペンダントトップに刻印したりして、数時間。。。
孫達はそれなりに楽しんでくれたようです。
私たちもそうだろうけれど、孫達も気を使ってくれたところもあるように思います。



最近では、8月最終週から授業が始まるようですね。
日記、読書感想文、漢字ドリル、そろばんドリル・・・、たくさんの宿題を持参しての祖父母宅への帰省は、子供はもちろんのこと親も大変そうでした。






| | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
1/317PAGES | >> |