桃とサクランボ狩り
昨年のリベンジで、、、今年は随分早くからサクランボ狩りのツアーを申し込みました‼
一昨年のように、群馬にだけは行きたくないよね〜って・・・爆

『富士山須走口五合目&河口湖ハーブフェスティバル 桃とサクランボ狩り!』
長い長い名称のバスツアーです。

横浜からではなくて、近所の駅から出発のコース。
でも7時30分発だったから、とっても早く起きたのでした。
バスは満席、42名。
圏央道から中央道へ出るコースは、やはり早い!


直ぐに、山梨県に🎶
桃1個狩り/桃皿盛り食べ放題。
たったの1個????
全員、ショックは隠せなかったのだけど、その後の皿盛り食べ放題はビックリ❤

丸ごとの桃の食べ放題だったんですもの。。。
私たち・・・3個ずつ食べました‼
瑞々しくて、甘くて、もうもうホッペが落ちそうでした。
お土産に箱入り5個買いました。





山梨へのツアーには付き物の宝石店見学。
今回はトルマリン工場でした。
水晶の工場へ行った時は、どういうわけか(黒っぽい服を着ていたからだと思います)モデルになってしまって、結局水晶のネックレスとイヤリングを買ってしまったのです。
だから、悪いけど、、、話が終わらないうちにお手洗いへ行ってスルーしてしまいました。



さてさて、いよいよサクランボ狩り!!
場所は河口湖に近い農園。
紅秀峰を期待していたんだけど、その農園は高砂と佐藤錦がほとんどでした。
ちょっぴりガッカリしたんだけど、食べてみたら、ナ・ナント🎶
大粒で甘いこと甘いこと!
大大興奮・大感激!
先日買ったサクランボなんて、サクランボじゃない!

こちらは佐藤錦。
私たちには、どちらが佐藤錦だか高砂だかがわからないけれど、口に入れてみると少しは分かるかな、といったところ。。



農園主曰く、高砂は佐藤錦より大粒で色も濃く、甘みが強いと。
甘みでむせてしまいそうになりながら、意地汚く(爆)時間ギリギリまで食べたのでした。。。
お腹が一杯になりすぎたのは当たり前でしょう〜〜〜


河口湖ではハーブフェスティバルの真っ最中♪
ラベンダーがとっても美しい!
遠くまで香りが漂ってきます・・・。



あいにくの空模様で、直ぐ目の前にあるはずの富士山の姿が全然見えません(=_=)(=_=)



湖の中では魚釣りをしている人がちらほら・・・。



これはハーブでしょうか?
ハーブフェスティバルだけあって、数えられないくらいの多数のハーブが美しい花を咲かせていました。
残念ながら、花札がなかったので、名前が分かりません。
花札をつけてくれることを望みます!




最後の訪問地は富士山須走口五合目。
海抜2000メートルですから、気温はたったの6度。
結構寒かったですねぇ〜
拡大仲間から綿のストールをお借りしましたm(_ _)m

須走口登山口にある土産物屋の菊屋店主が古御嶽神社まで案内してくれました。
霧が下りてきて、周りがよく見えません。。。
幻想的な雰囲気の中、歩を進めました。






古御嶽神社は夏しか開けないとのこと!
私たちは扉につけられた賽銭口からお金を投入し、二礼二拍手一礼、無事を祈ってきました。。。



| 遊び | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0)
嵐山花灯路
堅田の比叡山大霊園に眠る父の墓参を済ませてから、私たちは嵐山へ向かいました。
昼食は、霊園の休憩所にておにぎり。。。


こんな素晴らしい生け花がお出迎え!!

午後5時から点灯というので、お店を冷やかしながら・・・お茶をして・・・などと思っていましたら、いっぱいの観光客で、どのお店も満席!!
その日は、花灯路最終日でしたから、余計なのでしょうか?
日曜日だったせいもあるかもしれませんが・・・。

西洋人、中国人、台湾人の親子、カップルも多くて、もう大変!!

『鼓月』のお店で待つこと30分?
やっと席が空いて、座ることが出来ました。
店頭では「栗ぜんざい」を頂こうと言っていたのに、夫が注文したのは「栗のクリームあんみつ」!? ン???
「そうなんだ〜〜、クリームあんみつを頂くんだ!」って得心していたら、運ばれてきたものをみて、夫は?????
全くの勘違いだったらしい。。。
いや〜〜〜、夫らしい(爆)

美味しく頂いたのだけれど、私にはボリュームがありすぎて残してしまいました。
母は完食でした!!


体を暖めて一息ついたところで、さぁて〜〜〜〜、見学の始まり始まり!!

天竜寺の横の竹林を歩き、保津峡の辺りまで行ってぐるっと回ってくるのですが、足の痛い母と私は野々宮神社のところまで引き返し、嵐山電鉄改札口の椅子で夫を待つことにしました。
2011年に夫と二人で出かけた時には、もっと回ったのでしたが・・・。








縮緬細工のお店♪
かわいらしいですよね〜〜♪
お店の中までは入らなかったけれど、乙女心をくすぐられる気が致します。。。





嵐山電鉄の改札口付近では、こんな花灯路もあって、幻想的かつ大変美しい景観が広がっていました。









またまた、、、夫を待つこと4、50分?

嵐山電車 → 阪急電車 ではなく、JRで帰ることにして、JR嵐山駅に向かいました。
夕食を頂くのも一苦労、という感じだったので、京都駅で頂くことにしたのです。

京都駅構内の『松葉』で蕎麦を頂くことに決めたのでしたが、、、
な・なんと、、、その『松葉』は新幹線構内!!
在来線の切符しかもっていない私たちは、、、入場券を購入(>_<)(@_@)(^_^)/
入場券を買ってまでお蕎麦を頂きます???? 
普通の人は???? ですよね〜〜〜(爆)


満席状態だったので、運ばれてくるまでに結構な時間がかかったけれど、やはり『松葉』のお蕎麦は美味しい♪
3人とも満足して帰路についたのでした。。。
この『松葉』は、「にしん蕎麦」を日本で初めて提供したお店でもあります。
関東では、あまり見かけないと思いますが。
母は、もちろん「にしん蕎麦」。。。





私の髪が白いので、何度も席を譲って頂きました。
あぁ〜〜〜〜、良いこともあるもんですね(笑)






| 遊び | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0)
箱根湿生花園
箱根湿生花園を散策するのは何度目でしょうか?
今回の湿生花園は、めぼしいものがなくて、がっかり・・・。
これは初めから分かっていたことですが・・・。

夫の誕生日祝い、夫の写真撮影のお供で箱根に来たわけですから、わたし、カメラももたず、写真はすべてタブレットで写しました。
特に、湿生花園にはめぼしいものがなかったでしたから、タブレットのレンズを向けることもなく・・・。
カメラをもっていると、写さなきゃ! みたいな強迫観念から、あれもこれもとカメラを向け、ゆっくりと周りの景色を楽しむこともなく、レンズを通した景色しか頭に残っていない・・・なんてことも。。。
それが、今回はゆっくりと散策できました。
もっとも、めぼしいものがなかったんですけれど(爆)

入り口で「スズメバチが飛んでいるので、ここは散策禁止です」と言われた散策路には縄が張ってあって、行けないようになっていました。
でも、その手前にもスズメバチらしき大きなハチがブンブン!!
おそるおそる歩を進めました。


ススキの季節には、まだ少し時間があるようでした。



エントランスまで帰ってくると、梯子を積んだ造園業者の車と遭遇。
作業員が防護服を着だしたので、散策路のスズメバチの巣を退治しに行くのかと見ていたら、散策路は車は入っていけないほど狭いわけで、????
エントランスの天井に作りつつあるスズメバチの巣を退治するのでした。
梯子の先端に作られたブースの中に、防護服を着た作業員が乗り込み、天井付近まで梯子がどんどん伸ばされました。
ハチ退治用のスプレーを噴射させながら、10数分格闘していました。


その間、私たちは無料休憩室に缶詰(?)

作業が無事終了した後、園から退出したのですが、「ご迷惑をかけたお詫びに・・・」と
水芭蕉と青いケシの写真を手渡されました。。。
私たちは作業を興味深げに見ていただけでしたのに、、、
どうもありがとうございました。







| 遊び | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0)
大農場主?
私は今、大農場主です!!
農場経営に勤しみ、さらなる拡大に頑張っています(爆)
小麦やトウモロコシ、トマトやイチゴなどを栽培し、12羽の鶏、10頭の牛と豚、羊や山羊も飼育しています。
ケーキなどを焼いて、ショップで販売もしています。。。
すぐに売り切れるときは、大満足(笑)

時には大きな船が来て、色々なものを積み込んだりもしています!!


ウフフッ・・・
凄いでしょ!
事情を知らない人が聞いたら、すごい農場を持っているんだな? ってビックリしますよ〜〜〜


実は、、、
これって・・・、話題のアプリ『ヘイ・デイ』なんですの(*^_^*)


昨秋の佐渡旅行で教えてもらいました。
一緒に旅行しているのに、暇があったら、タブレットでなんかコソコソ、、、?
訝しがって尋ねると、即座に「農場経営!」

グーグルの無料アプリとのこと。
私にもインストールしなさい、と言うので、面白そうだから入れちゃいました!

このように、私の農場経営は昨秋から今に至っているわけです。。。


それまではまっていた『キャンディ・クラッシュ』は、難しすぎて途中でリタイア!
100以上も行ったんですけど、2回も・ネ!
(うっかりして、アンインストール。再びインストールし直して、1から出直しました。)


2ヶ月ほど前に、30名のあるコミュニティに参加。
知らないコミュニティだけど、同じ塢佑世らいいかなぁ♪ と思って。
作物が枯れたとき、応援を頼むと回復してくれたり、船荷が不足しそうになったら手伝ってくれたり・・・。
全く知らない人同士が助け合ってコミュニティを盛り上げています。

心配する向きもあるけれど、全員の農場名しか知らないし、男女の区別も分からないし、私はFacebookには未接続だし、そういう点では安心だとおもっていますが?


インストールするのは無料ですが、経営を順調にするために、少しだけ費用をかけています。
私は、月額500円と決めています。
他に無駄なお金は使っていないし、喫茶店で紅茶を一杯飲んだと思えば良いかな、と思って・・・。


でも、全くのバーチャルの世界なのに、早く農場を大きくしようとお金をつぎ込む輩も居るかもしれません。
それが、、、ネットゲームの怖さですね。
親が知らないうちに、子どもが大金をつぎ込んでいた・・・と問題になったりしていますから!


農場以外に、釣り場もあるし町の建設もあります。
結構忙しいですが、それでも暇を見つけて楽しんでいます。



元旦の夜から蕁麻疹が出始め、2日には全身に広がって、最後には頭のてっぺんから足の裏まで蕁麻疹。
痒くて痒くて、、、何も考えられなくて、家事もろくすっぽ出来なかった時、このアプリのお陰でしばし痒みと辛さを忘れることが出来ました。
肋骨骨折の時にも気を紛らわすことが出来て、助けられました。。。

こうして、、、私は大農場主になっていったのでした(^^)/~~~

先はもっともっと長いですけど・・・。











バーチャルだからこその楽しみ♪
実生活では無理な配置換え・模様替えが指先一本で簡単に出来るので、いくらでもやり直しが利きます。。。
一種のストレス解消になっているやもしれません。



| 遊び | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0)
不室屋で食事、そのあと銀座へ・・・
展覧会を熱心に観ると、やっぱり疲れます。
久しぶりの東京だから、銀座か日本橋で美味しいものを頂こうと言っていたのに、結局は美術館横の不室屋で。。。

私はもちろん、普段は疲れを知らないはずの夫も珍しく疲れたようで、銀座へ行くために栄養をつけておこうと、急遽変更したのでした!

不室屋は金沢の麩専門店。
麩をいろいろとアレンジした、こんなお料理でした。



彩りが綺麗でしょ!
食欲がそそられませんか?


メニューは他にもあったのですが、店頭に置かれた、この「ふやき御汁弁当」に心惹かれてしまったんです(^_^)/~

ふやき五色汁は(すまし)か(味噌)かを選びます。
私たちは(すまし)にしました。。。
この五色汁には、何種類の食材が入っていたでしょう。
数え切れないくらいで、これだけでも充分に満足できますよ。


治部煮もありました。
ご飯は五穀米。
お弁当箱には、10種類のお料理が・・・。




みんなみんな美味しかった♪


満足満足だったし、疲れも取れたので、下の階へ・・・。
メゾン・カイザーのパン屋さんを見つけたので、食パンを買いましたとも、もちろん!!

東急プレッセでは、スーパーキングを購入。
帰りに塢佑修瓦Δ良捫珪ε垢杷磴うと思っていたので助かりました。
(帰宅して袋をみたら、たったの600�しかなく、こちらの方が、随分お高かったことが分かりました)


食パンと強力粉をもって、銀座へ。。。
銀座の目抜き通りは歩行者天国になっていました。


京橋の銀座通り口にある、この交番の屋根は珍しいでしょう?
交番の道路向かいに残されている旧京橋の親柱をモチーフにしたものなんですって!!




旧京橋の親柱。
記念碑として残されているそうな・・・。
本当! 交番の屋根とそっくりですね〜〜♪




夫は英國屋とティファニーの建物の間の路地を撮したかったのだけれど、工事中のため後1ヶ月ほどは撮影が出来ないと言われ(英國屋でもティファニーでも、恥を忍んで尋ねました。分からなかったので、最終的にワインを扱っているビルのオーナーにまでお尋ねして分かった次第)、ガッカリすることこの上なし!
ついていった私はもっとがっかりで、ドドドーーーッと疲れが倍増してしまいました。


伊東屋は仮店舗で営業中。
その前に、ルノアールでお茶しました。

伊東屋はどうしてこんなに混んでるの? と言うくらいにどの階も人人人・・・。
良いものないかな〜〜〜? って軽いノリだったのに、買いたいものが見つからず、ここでもドドドーーーっと疲れが(T_T)


こうして、久しぶりの東京(見物)は終わったのでした。。。。


有楽町駅に向かう道すがら、隣の建物がガラスに映って、こんな風に・・・。
面白かったのでパチリ♪









| 遊び | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)
ブルーベリー狩り
毎年恒例になってる「ブルーベリー狩り」ですが、今年も拡大写本国語科の有志で行ってきました。
ブルーベリー農園は、瀬谷区と泉区の境辺にある大きな農園です。
阿久和地区と言うのでしょうか? 環状4号線沿いにあります。
2時から開園なので、ライトセンターを1時45分に出発!
ライトセンターから近いので、また戻って仕事も出来るんですよ!

今年のブルーベリーは、例年通り大粒で甘かったですね�・
約1時間強、一生懸命かごに摘んで、1,3キロ収穫しました(^。^;)



ひさしぶりに今日は暑くて疲れました。
サンバイザー、サングラス、首に手拭い、長袖シャツ・・・だから余計に暑かったのでしょう!


先日、拡大写本国語科の有志で出かけた、バスツアーとは雲泥の差!
群馬・沼田まで出かけたのですが、ブルーベリー狩りの場所は、山の急斜面!
前週の雨の影響が残っていたのか、足元が悪く、上の方まで登れない。
足の悪い方は、実がほとんど実っていない下の方の木の周りにしか行けません。
上の方の木も、色づいている実は少なく、しかも小粒でした(;_;)/~~~
これは、どういうことでしょう?
足の悪い方やお年を召した方は来るな、ということなのでしょうか?


続いて行ったサクランボ狩りもガッカリ(>_<)(*_*)(;_;)
手前のネットの中の実は、赤くて大粒でしたのに、連れて行かれた先は、葉っぱが多くて太陽光が届きにくいのか、また摘花していないからなのか、1箇所に色の浅い沢山の実が付いていてどれも小粒。
「香夏錦」と、おじさん。
昨年の山梨の紅秀峰とは大違い!





30分の時間が長く感じられたほど、時間を持て余しました。
出口で味見したサクランボが意外に美味しかったので、お土産にしましたが、帰宅して頂いたら、この「山形美人」ははっきり言って美味しくありませんでした(;_;)/~~~
農家が観光客を甘くみているのでしょう。。。

ツアーアンケートでも、ブーイングの嵐でした。


実は、申し込みに出遅れて、山梨へのツアーが満席で取れなかったのです!
違ったところも良いかも、と選んだのでしたが。。。
来年はまた山梨へ行こうと反省しきり。


東洋のナイヤガラと言われている「吹割の滝」にも出かけましたが、どういう訳か水量が少なくて、迫力に欠けましたね。
昔々夫と行った折には、怖いくらいの水量で、覗くと吸い込まれそうで足がすくんだ思い出があります。
今回は、前には危険区域だったところまで行けて、滝を正面から眺めたことでした。
初めての仲間は、ちょっとガッカリしたかもしれません。。。
だって、、、「東洋のナイヤガラ」なんですもの(爆)




以前には、こんなところまでは行けませんでした。
私が立っている、この岩の上にもものすごい量の水が流れていましたから・・・。





| 遊び | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)
プランデルブ北鎌倉で
実に2年半ぶりの会食でした★
娘たちの中高時代のボランティア役員仲間とは、25年以上のお付き合いが続いています。
年に1回の会食でしかなくなりましたが、バザーを成功させるべく必死にがんばった仲間は戦友ともいうべき存在です(*^▽^*)
秋のバザーでは100万円もの売り上げがあったんですよ!!
  ↑ 30万円くらいだったかしら? って言ったら、元ボランティア会長から「あら、100万円あったわよ!」とお叱りを受けました。

こうして元気に逢って食事をし、お互いの近況報告をしながら、笑ったり一緒に涙したり。。。
とても貴重な仲間です(*^▽^*)


一昨年に仲間の1人が病を得て、会食を見送りました。
昨年は幹事の私が精神的肉体的にしんどくて、また見送り・・・。
病が癒えた仲間が桜がお好きだと言ってらしたので、今日、満を持しての会食となったのです(^_^)v
すっかり元気になられたお姿に、涙がぽろり。

昨日は大雨で風も強く嵐のようで心配しましたが、明けてみればなんと快晴となり、素晴らしい2年半ぶりの会食となりました。


レストランは北鎌倉にある「プランデルブ北鎌倉」!
北鎌倉から送迎タクシーで、約10分弱。
道が狭くて、行き交うのは大変そう。
歩くと30分近くかかるそうです。

レストランのあるところは梶原。
駅まではちょっと不便だと思われるけど・・・。
ステキなお家が立ち並んでいて、このレストランも、どなたかの家を改造して使っているようです。







帰りもタクシーで送ってもらって、北鎌倉駅直ぐ(この駅は円覚寺境内にあるんだそうで、JRが円覚寺からお借りしているんですって)の円覚寺に向かいました。
昨日の春の嵐にも負けず、桜はしっかり残っていました。。。
お詣りをして、御朱印も頂いて帰路に着きました。

桂昌庵には坂本弁護士の墓所があるんですね。


来年? 再来年? になるかもしれないけど、元気なうちにお会いしましょうね♪ と約束して別れました。
だって、、、人生なにがあるか分かりませんもの。。。





| 遊び | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)
JFE工場見学
ちょっと前から、工場見学なるものが流行っていますよね。
工場エリアの夜景を船上から見学する工場夜景ツアーは旅行会社が主催しているようですが、昼間の工場見学は工場主催みたいです。。。

朝日新聞神奈川版にJFE見学の案内が載ったとのこと♪
写真撮影したい夫は、すぐに電話で申し込みました。
春休みの1週間ほど開催しているようで、午前午後とも定員30名。


川崎駅近くのローソン前に集合、JFEのバスで工場に移動。
今日の見学は扇島エリアだったので、池上エリア、水江エリアを通り、最後は海底トンネルを通って、、、約30分ほどかかりました。
春休みで小学生の参加も7、8名ありましたね。


アメニティホールでビデオをみながら説明をきき、知識を入れた後、全員ヘルメットを被り、軍手をして、再びバスで移動。
原料を積んだ船が着く3つの岸壁、原料ヤード、コークス置き場、製鋼工場等をバスで通り抜け、そのあと徒歩で熱延工場へと向かいました。
この工場の長さは約1キロあるそうです。



もちろん、工場構内すべて撮影禁止。。。
重いカメラを持ってきたのに、残念でした(*_*)


まず、製鋼。
厚さ250ミリ、長さ9メートルに切断された1200℃の真っ赤な鋼板が鋳型の底からローラーの上に引き出されました。
圧力のかかった大量の水が四方からかけられ、冷まします。。。

その迫力たるや、すごいすごい!!
私たちは随分高い処に作られた通路から見学しましたが、とても暑かった! 当たり前???


ローラーで運ばれながら、次の厚板圧延のところで厚鋼板になりました。
少し薄くなって、長さは25メートル。


最後は熱間圧延。
圧延機で様々な厚さの鋼板に。。。
私たちが見たのは、厚さ1、2ミリにまで薄く延ばされた熱延コイル。
長さが1875メートルにもなるので、コイル状にして注文主へ送るのだそうです。


以前、茂原にあるTOTOの工場で、ユニットバスの製造過程を見学した時も大興奮しましたが、今回も同じく大興奮!
また、違う工場を見学したいなぁ〜って思っちゃいました(爆)




| 遊び | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0)
伏見稲荷大社の奉射祭

幕の中【斎場】は、やはり厳かな雰囲気でした。

幾重にも人垣が出来てしまいましたが、最前列のご夫婦が離脱されたお陰で、私たちは一番前で観ることができました。
神官さんたちが座られる椅子が10以上並べてありましたが、入ってこられる様子はありません。。。
時間だけが過ぎていき・・・。

3時過ぎになって、やっと姿が見えました。
女官が3名、神官が10名ほどでしょうか?




『奉射祭』が始まりました。。。
邪気を払い、五穀豊穣を占う神事ですから、矢が的を少しくらい外れたって関係ありません(^_-)
バッチリ当たれば、なお良いのでしょうけど。
(この日のために、きっと何度も練習されたのだと思いますけど)


まず、東西南北と天と地に弓矢を放って、斎場を清めてから奉射の儀が行われました。

黄色の矢印の先・・・射られた矢です!








約1時間弱の神事が終わりました。。。
偶然にもこうした神事を間近に観ることができましたので、今年は良いことがあることでしょう(*^_^*)






| 遊び | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)
伏見稲荷界隈
父の17回忌に合わせて、12日に宝塚に帰ってきました。(随分前のこととなりました 爆)
例によって、その前に京都見物。

今まで私が訪れたことのない伏見稲荷大社へ行くことに、、、。
全国にある稲荷神社の総本宮ですぅ!

お正月もだいぶん過ぎているのに、伏見稲荷の駅を降りたときから、参道はごった返していました。
食事をしようにも、どの店も長蛇の列!
比較的列の短い店で待つことに。

小さな丼と小さなおうどん(そば)で、1000円以下!
私は天丼とざるそばを注文。750円でした。
それが美味しくて、ねぇ♪




これは夫が注文したもので、同じく750円でした♪
お安くて美味しいんだもの、、、混むわけですよね〜〜(*^_^*)


参道のお店を見ながら、いよいよ伏見稲荷大社に到着。
ここの社務所で、やっぱり御朱印を頂いてきました。。。








みんなが競って写真を撮るので、人が居なくなるのを待ってはいられません。
日が暮れちゃう。。。



本当に人人人・・・。
駅で、チラッと私の目を掠ったのは、奉射祭の3文字!
矢を射る神事があるのかな? と思っていたら、大正解。

千本以上もあるという赤い鳥居を少しくぐっていると、幕の張られている広場が見えました。
広場の入り口には、すでに数人の人が待っていました。

さあ、ここから千本鳥居が始まります。


前ばかりを見るのではなく、ちょっと振り返ってみましょうと・・・。
鳥居を奉納した個人・会社の名前と年月日が書いてありました。



これから鳥居の道が行きと帰りで分かれるようです。。。


お稲荷さんだけあって、キツネの絵馬ですぅ〜〜〜笑い




だいぶん先まで行ってから、奉射祭を見物しようと引き返したところが、遅かりし・・・。
これでは一番前では観られない(×_×)
行列はどんどん延びていきまして。
2時からというのに、始まる気配はなく、時間だけが過ぎていきました。
みんな忍耐強いですね(^_-)
私たちもですけど。








| 遊び | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
1/15PAGES | >> |