<< エステ  6月の予定です | main | 化粧水の付け方 >>
『簀巻き?』の儀式が終わりました。
上の孫の時の『簀巻き?』について、当時のブログでは、こんな風に書いています。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

赤ちゃんが生まれたときのお婿さんのお母様のお里では、赤ちゃんが産まれると、『お七夜』に合わせた珍しい儀式があるとのこと。
私の里では特別な儀式などなく、娘たちが産まれたときも、『お七夜』だってしなかったように思います。


以下、当時のブログと合わせて・・・。

娘曰く「お姉ちゃまの時にして、弟君の時にしないというのは・・・?」で、
今回も我が家で執り行うことになった『簀巻き?』の儀式♪


今回は、娘夫婦が頑張って準備をしました。

まず、金襴緞子ではないけれど、絹の掛け布団の長い方を三つに折ってクルクルと巻き、まん中辺をへこ帯でシッカリ結んで立てます。
(以前は、巻いた布団のまん中にお座布団を背もたれ代わりに入れ、)お宮参りの時の着物(婿殿が使った着物です)を布団の周りに綺麗に飾り付けます。
お布団に赤ちゃんを座らせると、着物を着ているような感じになるのだそうです。
そして正面には命名紙を♪





布団の前には、歯固めの小石を1個、梅干しを1個、南天の葉を茎ごと2本、お目出度い鯛の塩焼き、そしてお祝い膳を綺麗に飾り付けます。


歯固めの小石:歯が丈夫になりますように!
梅干し:しわしわになるまで長生きしますように!
南天の葉:難を逃れますように!
鯛:お目出度い!
お料理:食べものに一生困りませんように!  (お食い初めも兼ねてるので)
 

布団に座らされた赤ちゃんに、塗りのお箸で食べさせる真似をするのは、母親方の祖母の役目だそうで、今回も私が勤めました。


弟君はとても良く眠る子で、ほとんど最後まで寝ていました。
だから、、、寝ている写真しかありません(爆)

その後、みんなでお祝い膳を頂き、無事に儀式は終わったのでした。。。
今回も、たいへん良い記念になりました。


珍しく起きているときの写真ですが、、、これでは起きているのか寝ているのか分かりませんよね(爆)
失礼!!!





| | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 19:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/2651
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE