<< 栗の渋皮煮 初挑戦! | main | 美術館巡り 梯子で疲れました!! >>
朝の勤行と護摩祈祷
惠光院では、朝の勤行と護摩祈祷に参加出来るとのこと。
これは珍しいので、参加いたしました。

朝は大して早くはありませんから、急いで急いで・・・という感じではなく。
就寝時には石油ストーブが必要でしたが、朝はそれほどの寒さは感じませんでした。
でも、長袖のセーターにショールを巻いて、といった出で立ちでしたけど。


やはり、外国の方の参加も多かったですね。
私は二列目でした。
向かって左に読経の修行僧、右に補佐役(?)の修行僧が座り、補佐役の方がときどき『はち』(シンバルみたいの)を使っていました。 ← 目が覚めました
読経された修行僧は、前日に私たちに色々説明してくれた人でしたが、その声が前日とは全然違って、低音・ハリのあるお腹に響くような声だったので、同じ人とは思えずビックリしました。

フラッシュを焚かなければ写真撮影はOK♪


そのうち、焼香を促されました。
直ぐには誰も焼香に立ち上がらなかったので、私の前の人が意を決したように立ちあがって、焼香されました。
順番があるわけではないのに、スムーズに次々と立ち上がって焼香しました。
私たちが外国の教会でミサに預かるように、外国の方も私たちと同じように座って焼香。

全員の焼香が終わった頃に勤行も終わり、なんだかすがすがしい気分で、護摩祈祷が行われる毘沙門堂へ向かったのでした。


毘沙門堂の中は狭いですね。
2重3重4重? に列が出来ていたのはないでしょうか?
私は、祈祷されるすぐ傍に座ることができたので、一部始終を観察!

下世話な話ですが、願い事を護摩木に書いておくと、祈祷の際に名前を読んでもらえたらしいのですが、料金をケチって書きませんでした。。。(トホホ・・・)

お若い修行僧なのに、よく順番を間違えずに執り行われるなぁ〜と感心ばかりしていました!!

この護摩祈祷は毎日行われるようですが、沢山焚く護摩木が、よく無くならないものだなぁ〜、と変なところに妙に感心なんかしたりして・・・(爆)
写真は、祈祷のクライマックスの辺り。
飾り並べてある護摩木が無くなったら、祈祷もお終い。
最後にお水ではなく、あれは胡麻? だったか? 小皿から親指と人差し指で胡麻をつまんでは、火に投げ入れていました。


勤行と護摩祈祷を併せて約1時間半、とても貴重な体験を致しました。
写経をしようと張り切っていたのに、その時間がとれず断念した次第。。。
これが心残りです。


| 旅行記 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/2986
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE