<< リンゴのコンポートを作ってみた♪ | main | スーパームーン♪ >>
日本点字図書館創立者 本間一夫
昨日の朝日新聞の朝刊『ひと』では、点字図書館理事長 田中徹二を取り上げていましたね。
なんという偶然でしょう!
昨日届いた「母校通信」の学院史編纂室の記事に、日本点字図書館創立者 本間一夫のことが取り上げられていたからです。

私がボランティア活動をしている拠点の神奈川県ライトセンターには、もちろん、点字図書館があります。
図書館に入ったのは、10指にも満たない回数しかありませんけど・・・。

神奈川県ライトセンターの入門講座、拡大写本講座を受けてから23年も経つというのに、点字図書館創立者の本間一夫のことを、よく知らずに過ごしてきたから、なんといってよいか・・・(-_-;)
恥ずかしいことなのでしょうね。


「母校通信」を読んでビックリしたこと!
本間一夫が、大学の大先輩だったこと!!

北海道に生まれた彼は、幼少期に病気が元で失明。
同地で教育を受けた後、より高度な学問、英語を学ぶために、1936年、母校の文学部英文科を志望。
なぜ、阪神間にある母校だったのか?
当時、視覚障害の人々の入学を許可した高等教育機関は、全国で母校だけだったからだそうです!

彼は、日本ライトハウス設立者として有名な岩橋武夫に学びたかったのだとか・・・。
この岩橋武夫も、青年時代に失明、母校高等学部文科(英文学専攻)で学んだ後、教師として教壇にたった人物で、ミルトン「失楽園」の研究者であるとのこと。

神学部に籍を置いた熊谷鉄太郎との出会いも大きな出来事だっだようです。


なお、本間一夫の周りには、島根県会議員の高尾正徳、大分ライトハウス建築の瀬尾真澄、日本点字図書館点字部総責任者の下沢仁の視覚障害者がいたとのこと。


我が母校が育てた、かけがえのない人々で、この記事を読んで大いに感銘を受けたのです。
素晴らしい大学で4年間学んだことを、今更、誇りに思う私でした。。。



| 拡大写本ボランティア | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/3155
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE