<< ポーセリンアート展へ行って参りました♪ | main | エステ  10月の予定です♪ >>
HPの必要性
先日、拙ブログのメールアドレス宛に、拡大教科書を作って欲しい旨のメールがあり、神奈川県視覚障害援助赤十字奉仕団・拡大写本部会ボランティアが相談にのった結果、順調に事が運びまして、来年度から無償拡大教科書が文部科学省より支給されることになりました。
今年度後期からの無償教科書は無理なので、プライベートサービスで受けることになりました。
教科は国語と算数。
来年度からは、正式に5教科書くことになったようです。。。

学校の先生も初めて拡大教科書を扱われる(というより、そもそも拡大教科書があること自体ご存じなかったみたい!)そうで、部会にいろいろとご相談があったようです。


使っている教科書の文字が小さくて勉強に身が入らない、それ以上に嫌いになってしまう、こんな悩みを持っている児童生徒やそのご父兄、拡大教科書の存在すらご存じのない先生方、、、等々、たくさんいらっしゃるように思うのです。
こんなことを考えていると、個人のブログなんかではなくて、『神奈川県拡大写本連絡協議会』の公のHPがあれば、どんなに良いだろうか。。。との思いは募り。


パソコンに強いメンバーに相談したところ、HP作成には初期費用がかかること、責任者は維持管理に膨大な時間を割かねばならないこと、等々・・・であまり乗り気ではありません。

しかし、今・今・今はネット時代です!!
声を大にして話してみたところで、聴衆はごくわずかだし、残念ながらあまり覚えちゃいません!
県拡連の委員会で話してみたところで20数名足らず、です。。。

やはり、HPは必要だと思うんですけれどねぇ・・・



追記:
年1回、国立特別支援教育総合研究所(久里浜)で、特殊教育に当たっている先生方を集めて、拡大教科書のことを話す機会が以前からありますが、ご存じない先生方がかなりらっしゃるようです。。。
特殊教育に携わっていらっしゃるのに・・・、ガッカリです。
神奈川県ライトセンターで行われる福祉一日教室(夏休み中に3回)に来られる先生方の中でも、初めて教科書をご覧になった人が結構いらっしゃるので、ガッカリすると言うか、、、だから、一生懸命に伝えるというか、、、。

こんな環境にいながら、今回メールを下さったお母様の熱意には、本当に頭が下がります。
私たちボランティアは相談にのる、サポートするだけで、実際に動いていただくのはご両親!
ボランティアが表立って動くことは出来ません、
圧力団体になるからだそうです。。。




| 拡大写本ボランティア | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/3435
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE