<< 三田屋のランチ♪ | main | 壁紙張替え >>
丹波篠山・洞光寺(とうこうじ)の紅葉🍁
墓参を済ませてから、夫が行きたがっていた洞光寺に行くことになりました。
実家のお墓からは、そう遠くないところにあるらしく。。。
いつも夫が計画を立てて私が従う感じなので、今回も墓参以外に行くところは知らず・・・(爆)


その前に、お墓ですが、近い親戚はもう他界して居ないはずですのに、花生けに生けてあったお花は新しく、でも買ってきた花ではなくて、庭の花のようでしたから、どなたが参ってくださったのだろうと二人で首をかしげた事でした。

レンタカーのカーナビは使いにくくて、イヤイヤもともと使いこなせていない私たちゆえ、夫の昔の記憶をたどって向かいました。

洞光寺の紅葉は、最近脚光を浴びているそうで、いろんなバスツアーが組まれているらしい。
当日もエルツアー、トラピックスなど、ツアー客300名ほどが次から次へと・・・。
しかし、深い山あいにあるお寺では日の陰りも早く、他人事ながら、こんなに遅くに来ちゃーダメでしょ! って感じ。


お寺の前の道は農道で狭く、小型レンタカーでさえすれ違うのに気を遣うほどでしたから、観光バスはずいぶん遠くに停めてあったようです。
こんな風に急に脚光を浴びて訪れる人が多くなると、周辺の住民たちはどうなんでしょう?
しかも、このお寺は住職不在とのこと。
本堂や庭の手入れは周りの住民たちがなさっているそうです。
が、入場料無料の上、お賽銭箱もないんですから、これから先の維持はどうされるのでしょうね?


参道に入った直ぐのところにある見上げるような大きな木。
銀杏でしょうか?


池に映り込む紅葉は素晴らしかったのですが、如何せん、スマホでの撮影には限度が!
デジイチで撮っていた頃は、設定にも時間をかけていたのに、楽っちゃ〜〜楽なんですけれど、ハレーションを起こしたり暗すぎたりして、スマホはやっぱりスマホ(爆)
しかし、、、iPhoneは違うみたいですね〜〜〜


池に落ちた赤と黄色のモミジの葉っぱが美しい♪







この感じは八瀬で見た光景とよく似ていると思いました。











少し小高くなったところで、ご両親と一緒の可愛い小学生三姉妹に会いました。
落ち葉を掬って巻き上げるシルエットが素晴らしかったので、夫がモデルをお願いしました。
写真はGmailで送ることにしました(メール送信済みです)。



日の当たっているところと陰になっているところの対比が素晴らしい、と、夫が・・・。


レンタカーを返す前に、、、篠山の土産物屋さんへ。。。
何度も何度も訪れているところです。
小田垣商店の黒豆の絞り豆を買ったり、黒豆のソフトクリームを食べたりして、しばし休憩。

その後、、【駅レンタカー】で車を返し、新大阪発の新幹線ひかりで帰途に着きました。


今回の帰省は、母と過ごす時間が少し短くなったけれど、やはり私の用事はありました。
ホームアンカ(置きこたつ)を使っているのですが、ウン十年前の代物!
コンセントがバカになっているらしく、電気がきたり来なかったり・・・。
これは非常に危険なことなので、近くの電気屋さんにお願いして新しく購入することにしました。

先月はインターホンが故障したので、これまた近くの電気屋さんにお願いして付け替えてもらったのでした♪


追記:
この洞光寺は、宝鏡山洞光寺という曹洞宗のお寺。
南北朝時代の1374年に天鷹祖祐大和尚が曹洞宗寺院として創建。
足利将軍家や丹波守護細川氏の支持を受け丹波三寺の一となり、江戸時代には十万石の格式を与えられ、末寺が五十三か寺にも及んだという。

| 遊び | 15:54 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:54 | - | -
コメント
こんにちは。洞光寺でお写真を撮っていただいた3姉妹の母です。お写真家族で拝見しました&#10024;私がスマホで撮った写真と全く違って(笑)色が鮮やかで奥行もあって。。。そして私とは視点が違うのに背景もとても美しくて「きれいね〜」「うん、きれいね〜」って、みんなで見惚れてました。写ってるのは本人(あるいは自分の娘)なのに(爆)
家を出るのが遅くなり、丹波市まで行くのをあきらめて洞光寺に紅葉狩りに出掛けたんですが、あんなに紅葉がキレイなお寺だとは思っていなくて驚きでした。あの日「もうちょっとお金とるとか何か売るとか考えないのかなあ?」と主人と話しながら帰ったんですが、今このブログを読ませていただいて、まさかの住職不在とは。。。&#128558;駐車場の出入口も事故でも起こるのでは?って心配になりました。でもあんなにキレイなの見ちゃったらまた来年も見に行きたくなります。
本当に美しいお写真ありがとうございました&#128149;プリントして、娘達のおばあちゃんと、ひいおばあちゃんに年末プレゼントします&#127809;&#10024;
| ono | 2018/11/29 2:18 PM |
こんばんは!
嬉しいコメントをありがとうございました♪
赤坂見附さんにも書いたのだけれど、久しぶりのコメントで、承認を得るには・・・なんて悩んでしまって。お返事が大変遅くなりました。ごめんなさい。
夫と一緒に読ませていただきました。大変喜んでいました♪
こちらこそありがとうございました。。。

洞光寺の紅葉は最近脚光を浴びるようになったらしく、フォト雑誌の記事をみて、夫も初めて訪れようと思ったようです。
遠くの道から見る限り、何もないように見えたのに、山門を入ってビックリしました。京都の紅葉とは違って、自然の風情があって素晴らしかったですね! 

(自称セミプロ 爆・爆)の夫が撮った写真、おばあちゃま、ひいおばあちゃまが喜んでくださるとよろしいのですが。。。  
| onoさんへ マダム | 2018/12/01 11:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/3617
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE