<< 母とお墓参り・・・ | main | 鴨川での川床料理♪ >>
建仁寺
京都鴨川で「川床料理」を母と一緒にいただこうと夫が企画。
母に尋ねると、昔昔に父と頂いたことがあるそうで、懐かしそうに話してくれました。
私は新婚時代に貴船で頂いたことがあります・・・。

今回はネットで調べて、『千鶴(せんかく)』に決めたとのこと。
リーズナブルなお値段設定が決め手になったらしい(笑)

京都駅には修学旅行生が・・・。説明をきいているんだと思いますが、まぁ〜地べたに座っていますよ!



川床料理を頂く前に、タクシーで建仁寺へ。
途中でキャリーバッグを『千鶴』に預けて。。。


※大阪で開かれる【G20】のため、京都・大阪間の主要駅のコインロッカーはどれも使用不可!
旅行客はキャリーバッグを持ち運ばざるを得ない状態。
或いは、宿泊先等で預かってもらうしかないようです。



建仁寺境内に足を踏み入れるのは初めて。
京都で学生時代を過ごし、その後も何度も撮影で訪れている夫も初めてとのこと。


京都最古の禅寺である建仁寺は、臨済宗建仁寺派の大本山。
開山は栄西禅師、開基は源頼家。
栄西禅師は日本人、比叡山で天台密教を修め、二度の入宋を果たし、日本に禅を伝えたという。
また、中国から茶種を持ち帰って、栽培することを奨励し、喫茶の法を普及した「茶祖」としても知られる。

広大な境内には、実に多くのお茶の木が植えられていました!


潮音庭




上の写真、ちょっと鮮明でなかったので、夫がphoto shopで加工してくれました。こうして並べてみると、随分違いますね。




竹林七賢図の部屋



建仁寺と言えば、俵屋宗達の風神雷神が有名!
画集等でしか見たことのない屏風絵ですが、素人目にも素晴らしい傑作と思えました(ホントかな? 爆)

ガラスの向こうに飾ってあるので、ガラスが映り込んでいます。



法堂は1765年に上棟された仏殿兼用の「拈華堂 ねんげどう」で、天井画の「双龍図」は、小泉淳作。
創建800年を記念して描かれたものだそうです。




どこの龍も迫力がありますね!!




母はここでも相当に疲れたようで、私たちが見学している間、ビデオルームの椅子で休んでいました。
ちょっと前までは、ここまで来たからには見なくちゃ損! なんて言っていたのに、やはり歳でしょうね、そういう欲は無くなってしまったようです。。。
| 旅行記 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/3696
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE