<< 葉山家具に行ってきました♪ | main | 新宿でのディナー >>
『いざ、リアル三国志へ参らん』。。。
東京国立博物館で開催中の「特別展 三国志」を鑑賞してまいりました。




三国志!!
私 大好き!
映画【赤壁の戦い】を観た折には相当興奮しました。。。
iPadのkindleには吉川英治の三国志 1巻〜6巻までダウンロード済み。
が、、、あまりにも白髪三千丈的な表現が多くてついていけないところあり、で挫折しているのは事実ですけど、ネぇ・・・。



パンフから抜粋・・・。

今からおよそ1800年前、後漢王朝の混迷に端を発した三国志の時代は、幾多の武将の栄枯盛衰とともに記録され、のちには歴史性を帯びた伝説となって普及した。
伝説は人々の親しむところとなってそこから詩文や絵画が生まれ、また関羽のように尊崇されて神となった武将もいた。
今につながる多彩な「三国志文化」はこうして育まれていった。

プロローグ から始まって、第1章〜第5章、そしてエピローグ で終了。


プロローグ:伝説のなかの三国志
第1章:曹操・劉備・孫権 英傑たちのルーツ
第2章:漢王朝の光と影
第3章:魏・蜀・呉 三国の鼎立
第4章:三国歴訪
第5章:曹操高陵と三国大墓
エピローグ:三国の終焉 ― 天下は誰の手に

三国時代の最後に天下をおさめたのは、魏でも蜀でも呉でもなかった。魏の武将として力を強めていった司馬氏一族であり、司馬炎が建てた西請王朝であった。




たいへんな人出でした。
三国志が大好きな人が多いらしく、あちらこちらで三国志のあらましを話している人たちがいました。
私のすぐ後ろにいた男性は、彼女にでしょうか? 得意げに赤壁の戦いなどを披露していて、ほほえましく思ったことでした。
中には、中国人と思しきグループも見受けられました。。。

私が三国志が大好きだと言っても、魏・蜀・呉の国名くらいしか知らず、曹操や劉備の活躍などを人に話せるような知識は全く持っておりません・・・💦💦💦




すべてを鑑賞するのに随分の時間を要しました。
音声ガイドを借りたなら、もっと時間を要したでしょう。
でも、私の頭の中にどれだけの知識が入ったことやら・・・????マークです💦💦💦

あとは、、、私が撮った写真を載せるだけで、、、。



発掘現場から・・・



神になった関羽



「関羽殿、申し訳ない」と張飛は謝った



劉備(私、どういうわけか好きなんですよね 笑い)






五層穀倉楼






曹操が渓谷に聳える絶壁から、雪のように水しぶきを立てる褒河を望んで詠んだ作。



| 映画・音楽・美術鑑賞・その他 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tes-k3506.jugem.jp/trackback/3707
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
email address
yokohamamadam2007@yahoo.co.jp
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました♪
長野 ホテルの口コミ
長野旅行ガイドの口コミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ぼうけんのめいさくたからばこ
ぼうけんのめいさくたからばこ (JUGEMレビュー »)
山本 和子,松本 かつぢ,西村 敏雄,飯野 和好,あべ 弘士,高畠 那生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE